京都うのはら販売の和装アクセサリーで用いるべっ甲(べっこう)の製作工程・加飾技法のご紹介です。

  • うのはらの想い
  • べっ甲とは?
  • 若手作家とのコラボ
  • お手入れ方法
  • 修理依頼

べっ甲とは?

  • 歴史
  • 原料/種類/素材
  • 製作工程/加飾技法

べっ甲の製作工程/加飾技法

べっ甲生地の製作工程

べっ甲生地は、その特徴である膠質を活用して、水分と適度な温度で加圧、密着接合させて製作します。粉末を溶かして作ることはできません。

職人の熱加減、手加減の度合いによって製品の優劣が定まり、どのような製品でも全て地造りより始められます。地造りは甲羅を平らに削り、面を合わせて製作に必要な厚みに重ね合わせ、何枚かをプレスにかけて一枚の板を作ります。

この際に最大限に活用されるのがべっ甲特有の膠質であり、水と熱と圧力のみで接着します。接着剤などは一切使用しないため、透明感のある美しい色に仕上がります。

次に板をデザインに合わせて糸鋸で切りまわし、表面や角を滑らかにするために削ったり、熱を加えて曲げたり捻ったりして形を整えます。仕上げは、最初にやすりで表面を磨き、次に磨き粉をつけて研磨機で下磨き。さらに細かい粒子の研磨剤をつけて研磨機で丁寧に光沢を出して仕上げます。地造り、斑合わせ、つぎわけといわれる技法は膠質を持つべっ甲ならではの特殊技術です。

べっ甲製品の加飾技法
肉彫り
肉彫り
デザインに合わせて凹凸を付けた、厚みのある彫りです。
透し彫り
透し彫り
花鳥図柄などを糸鋸で切り抜いて透かして彫ります。
蒔絵(まきえ)
蒔絵(まきえ)
蒔絵という漆芸技法は我が国独特の技術です。生地の上に漆で絵や文様、文字などを描き、 その上に金・銀粉などの金属粉を蒔きつけて漆体に固く付着させる技法です。
研出(とぎだし)蒔絵
研出(とぎだし)蒔絵
金粉や銀粉を蒔いた後に、蒔絵全体に漆を塗りかぶせ、乾燥後に木炭で漆を研磨して下の蒔絵層を現す技法です。 研磨した後には、製品の表面は平滑になります。
平(ひら)蒔絵
平(ひら)蒔絵
漆で文様を描き、金粉や銀粉を蒔いた後に、文様の部分だけに摺り漆をして研磨したものです。 製品全体を漆で塗り込めない点が研出蒔絵と異なります。 この技法は平安時代後期から現れ、桃山時代の高台寺蒔絵などは平蒔絵が主たる技法となっています。
肉合(ししあい)蒔絵
肉合(ししあい)蒔絵
文様部分を漆で盛り上げた高蒔絵と研出蒔絵を合わせた技法です。 研出蒔絵と異なり凹凸のある立体的で高級感あふれる技法の一つです。
卵殻(らんかく)蒔絵
卵殻(らんかく)蒔絵
鶏、鶉などの卵の殻を使用する技法です。
沈金(ちんきん)蒔絵
沈金(ちんきん)蒔絵
生地の上に、和紙に描いた絵柄を転写してその置目に従って輪郭線の彫りを行います。彫り上がった線に漆を摺り込み、模様以外の漆を拭き取ります。適当な大きさに切った金箔を模様に当てて真綿で刻線内に押し込み、余分な金箔を拭き取ると彫った線内にだけ金箔が残り模様が現れます。
象嵌(ぞうがん)
象嵌(ぞうがん)
製品の表面をデザインの模様に合わせて彫り、模様に合わせて切った金・銀・貝・珊瑚などをべっ甲にはめ込む技法で、高度な技術が必要なため加工料は蒔絵よりも高価です。この技術の後継者問題は極めて深刻な状況となっています。
螺鈿(らでん)
螺鈿(らでん)白蝶貝象嵌 螺鈿(らでん)螺鈿青貝 螺鈿(らでん)螺鈿青貝
蝶貝や鸚鵡貝の裏を木地や漆器などにはめ込んだもので、我が国では奈良時代に、唐の優れた技法を取り入れて始まりますが、主に紫檀などの木地を飾ったものが多く、漆地のものは稀です。
平安時代後期になると、螺鈿も和風化して蒔絵と併用され、独自の美を放つようになります。鎌倉時代は和風螺鈿の最盛期で、その技術も著しく発達し、軍陣鞍の類に秀作が多く残されています。
その後、室町時代には中国明代の薄貝の手法が新たに伝来し、桃山時代には朝鮮半島の割貝技法が入ってきました。
螺鈿は、平らにすり磨いた貝殻を文様に切って、木器の場合は彫り窪めた木地にはめ込みます。
漆器の場合は、漆地に貼り付けた上からさらに漆で塗り込み、木炭などで一面に研ぎ出して貝の文様を現すか、小刀などで文様の部分の漆膜を削ぎ起こして仕上げを施します。
貝は、夜光貝・鮑・蝶貝などを用います。貝片の厚さによってその効果は異なりますが、薄貝を使ったものを「青貝」とも呼びます。
割貝とは、文様に切り抜いた貝片に故意に亀裂を付けたもののことをいい、薄貝の場合は和紙に貝を貼って、箸で巻いて亀裂を作ります。厚貝の場合は同様に紙に貼って、槌で割ったものを漆地に貼り合わせて文様を再生します。
金属加工
金属加工
金や銀、プラチナなどを使って、真珠や翡翠などの宝石類を取り付けて加工します。
ページ上部へ戻る

商品紹介

お買い物カゴ カゴの中身を確認できます。
  • かんざし
  • 帯留
  • 京小間物
  • 若手作品一覧
  • 商品一覧
フリーワード

[返品について]
お客様都合による返品・交換はお受けいたしかねます。詳細はこちら>>

京都うのはら

TEL:075−341−6155 / FAX:075−341−6625

〒600−8403 京都府京都市下京区不明門通り松原下がる吉水町455番地

ホームページ作成はこちら