べっ甲和装アクセサリー、櫛(くし)簪(かんざし)、帯留、帯飾り等のお手入れ方法をご紹介します。

  • うのはらの想い
  • べっ甲とは?
  • 若手作家とのコラボ
  • お手入れ方法
  • 修理依頼

お手入れ方法

末永くお使いいただくために

べっ甲製品のお手入れ

日常のお手入れとしては、ご使用後に眼鏡拭き、ティッシュペーパーなどの柔らかい布または紙で付着した脂分や汚れをきれいに拭き取り、桐箪笥の中など極度に乾燥しない所に保管してください。長期間ご使用にならない時は、温度が高くなったり極度に乾燥したりする恐れのある場所を避けた上で、柔らかい布または紙に包み、温度・湿度を自然に調整する効果をもつ桐箱などのケースの中に無臭の防虫剤を入れて保管いただくと、虫に喰われて損傷することも防げます。

また、製品を身に付けたままご入浴されたり、ヘアースプレーなどをおかけにならないようにご注意ください。なお、長期のご使用で光沢が無くなったり、小さな傷が付いたりした場合は、当社にご用命いただければ磨きをかけることにより、ほぼ新品同様の光沢がよみがえります。また、万が一破損された場合でも接着剤などを使用してご自分で修理されることは決してなさらず壊れたままの状態でご相談ください。

  • べっ甲製品のお手入れ
  • べっ甲製品のお手入れ
  • べっ甲製品のお手入れ

万が一破損してしまったら

万が一破損してしまったら

まずは、お電話、FAX、修理依頼受付フォームよりご連絡ください。
折り返し、当社担当者よりご連絡申し上げます。お打ち合わせの上、詳細確認ができ次第修理の可否やおよそのお見積金額、必要日数などをご通知させていただきます。

※破損された場合は、接着剤などを使用してご自分で修理されることは決してなさらず、壊れたままの状態でご相談ください。

修理依頼はこちら

ページ上部へ戻る

商品紹介

お買い物カゴ カゴの中身を確認できます。
  • かんざし
  • 帯留
  • 京小間物
  • 若手作品一覧
  • 商品一覧
フリーワード

[返品について]
お客様都合による返品・交換はお受けいたしかねます。詳細はこちら>>

京都うのはら

TEL:075−341−6155 / FAX:075−341−6625

〒600−8403 京都府京都市下京区不明門通り松原下がる吉水町455番地

ホームページ作成はこちら